レッスン理論

【長年英会話レッスンを受けているのに。。。なぜ?】

​私がオンライン英会話レッスンを提供し始めた当初、私は教える側として

初心者でしたが、受講者の皆さんの9割以上はこれまでスクールやオンラインで

習ってきている、または長い間独学をしている、習う側のベテランでした。

しかし、ほとんどの方が、

①時制について、同じことを何度も習っているが使えない。 
②日本人が意識すべき発音について一度もレッスンで触れたことがない。
③カフェでコーヒーを注文する時英語で何と言ったらよいのか分からない、レッスンで触れたことすらない。
④毎回テキストを見ながらレッスンをしていた。
⑤日本語文からただ英語文に訳す『英作文』練習をたくさんしていた。

ということにとても驚きました。また、たくさんの講師とのレッスン経験のある受講者の方々が、私のレッスンを受講されて、口々に「このようなレッスンは初めてです」「私は今まで何を習って来たのでしょう」などとおっしゃることも、とても不思議に思いました。

 こうして私は、「何年も英会話レッスンを受けてはまた振出しに戻る」、というよりむしろ、振り出しに戻す、という英会話業界に大きな疑問を持ち始めました。そして、一日多い時では13時間、月に約200名、できる限り多くの方とレッスンをさせていただき、『今、日本人の英会話学習において起きていること』を必死に知ろうとしました。

【英会話(レッスン)には盲目的な日本人】

 テニスを習いに行ってラケットの握り方も素振りのフォームも教えてもらえなければ、ちょっとおかしいな?と誰もが思うはずです。『この動画を見るだけで、今より何倍も速く走れるよういなります』と聞いても誰も信じる人はいません。しかし、英語に関しては、『これだけで、3カ月でペラペラ話せるようになります!』を簡単に信じ込んでしまいます。

 更に近年は、いつでも予約ができるオンラインレッスンなど、サービスの多様化と価格競争が激化し、英会話講師は時給、数百円~1,300円ほどで雇われる時代です。そのため、英会話講師という仕事を専業にすることは難しく、プロの英会話講師が育たない→本質的な英会話レッスンをできる力量に欠ける、という「負のサイクル」にどっぷりつかってしまっているように見えます。

 また、英会話業界の価格競争の激化により、60分で数百円のレッスン料で、ただテキストを一緒になぞっていったり、なんとなく会話をして都度間違いを訂正するような、本来は「チャット」や「トーク」と呼ぶべきものまでも「レッスン」と呼んでしまっている為、受講者側は、何年も「レッスン」を受けているつもりだったが、結局は何も身についておらず、逆に自己流の脳内プログラミングができてしまい、それを解除するのにまたとてつもない時間がかかってしまう、というような方が後を絶ちません。

 コンビニはどこにでもあり、24時間利用できて便利ですが、毎回すべての食材をコンビニでそろえようと思ったら逆に高くついてしまいます。英会話レッスンのコンビニ化も同じで、便利さだけを優先すると結局はまた振出しに戻らなくてはならないため、時間的にも経済的にもよいことがありません。